水素水ダイエットとは、どんなダイエット法なのか?

「水素水を飲むだけで痩せることができる」ちょっと夢のような話ですが、実は本当なのです。

  • 内臓脂肪の燃焼を効率化する
  • 新陳代謝がアップする
  • リバウンドしにくい

というような働きが水素水にはあるのですね。


内臓脂肪には有酸素運動

ダイエット法にもいろいろあるが・・・

内臓脂肪を燃焼させるためには、運動をするということが基本になります。ダイエットで運動といえば、

  • ジョギング
  • ウォーキング
  • 水泳
  • サイクリング
  • エアロビクス
  • エアロバイク

などの運動が一般的で、これらは有酸素運動になります。筋力と基礎代謝量をアップさせる無酸素運動も有効ですが、こちらは痩せるためというより太りにく体づくりになります。

また有酸素運動をするとすぐに脂肪が燃焼するということではありません。血液中にあるエネルギーを使い切ってから脂肪をエネルギーとして利用しはじめるのです。ですからダイエットで有酸素運動をするなら、最低でも20~30分は必要になります。意外と時間がかかるんですね。

その点水素水であれば、普通の水と同じように、飲むだけで内臓脂肪の燃焼を効率よく行ってくれます。これは身体の細胞の中にいるミトコンドリアが活性化をするからです。ミトコンドリアと聞くと学生の頃に教科書で見た微生物でもありますが、ほとんどの生物にいる細胞です。

実はこのミトコンドリアの数が多いと代謝が良く太りにくい身体に、数が少ないと代謝が悪いく太りやすい身体になってしまうと言われています。水素水を飲むこと内臓脂肪を燃焼するというのはこのためです。


血液もサラサラになる

水素水は内臓脂肪を燃焼させるだけでなく、血液もサラサラにしてくれます。血液がドロドロとしていると、毛細血管を通りにくくなってしまうので、酸素が身体の隅々に行き渡りません。

酸素が足りないとエネルギーを消費しにくくなるので、どんどん蓄積されてしまうのです。血液はほとんど水分でできているので、積極的に水を取ることがダイエットには必要不可欠なのですね。

普通の水でも悪くないのですが、水素水は活性酸素とくっついて無害な水分にしてくれます。つまり、水と水素水を同じ量飲んだとしても、水素水の方が身体の中の水分量が多くなるのです。

さらに血液がサラサラになれば代謝もアップするので、リバウンドしにくくなるというわけです。ちなみに活性酸素は増えすぎると体に害を及ぼしてしまう物質。病気や老化、しみ、シワの原因と考えられているので、しっかり取り除きたいものです。


代謝を上げて活性酸素を取り除くこと

水素水には活性酸素を除去する働きがある

ダイエットを成功させるためには、それまでの過程はもちろん、リバウンドしないということも重要になっていきます。止めた途端に体重が元に戻ってしまっては意味がありませんからね。

水素水ダイエットというのは、老化の原因でもある活性酸素を取り除いて、代謝をアップさせていく方法になります。老化の原因を取り除くことができるので、アンチエイジングにも繋がります。ダイエットもできて美容にも良いとなれば、水素水を飲んでみたくなりますよね。

もちろん気をつけなくてはいけないのが、「水素水を飲んでいるから暴飲暴食をしても大丈夫」ということではないということ。ダイエットをしているという意識を持って、食事に気を使い運動も取り入れていきましょう。